自然なウィッグとは

ウィッグが自然かどうかの判断は、いくつかのポイントがあります。

自然なウィッグは、ファイバーが細めでサラサラして、髪の毛と変わらない手触りだったり、

風に吹かれた時の動きが自然だったりします。

太くてごわごわのものは、風か吹いてもピタッと動かないとか、まとまって束で動くとかして不自然になります。

あとは、匂いと言うのもあります。人工ファイバーのどくとくの臭いで、ばれてしまう事も、また自分でつけていて、気分が良くない場合もあります。

ただ臭いは、たいていどんなものでもあるので、シャンプーとリンスで取れる場合は問題ありません。

つむじの部分とか、頭皮の部分が問題になる場合もあります。

いかにも作りもののようなつむじで、毛質が良くても上から見られたら違和感があるというものもウィッグにはあります。

人気のあるウイッグは売れるので毎年改良を重ねて、価格も手ごろなものになってきています。

安いから質が良くないということもないので、価格だけで、自然なウイッグがどうかの判断はできません。

またどんなにいいウィッグでも、完全なものはないので、ウィッグをより自然にする方法についても色々しっておくといいと思います。

ウィッグって本当にばれないの?

ウィッグをつけていることをばれてもいいという人もいれば、

ウィッグだとばれるのは嫌だという人もいます。

最近は、おしゃれとしてウィッグを使う人が増えて、ファッションのイメージがつよくなってきましたから

自分からウィッグだという人もいますので、別にわかってもいいという人も多いです。

言われてもウィッグだとは見えない場合も多くなっています。

ふだんからつけている人でないと、あまりウィッグだという事を感じ無い人がほとんどでしょう。

もしろんコスプレ用の派手なウィッグだと、かつらだと認識するでしょうが・・・

男性の場合、それでも、ずいぶん派手な色に染めているななんておもうひしもいます。

ですから、ウィッグだとばれても問題ないとおもいますが・・・・

それでもばれたくないという場合は、付け方と、質ではないかと思います。

今は安い人工ファイバーのウイッグでも、質が良いものがあるので、

ばれないようにすることができますが、自分の顔と頭に合うようにするには、

そのままではうまく行かない場合もあります。

返金的な頭の形、額の長さでしたら、そのまま質の良いウイッグをつければ大丈夫多とおもいますが、

前髪の長さを調節したり、空いたりしないと、ちょっと違和感が出てしまう人もいるでしょう。

美容院より安くつく

頻繁に髪型を変えたい人にとって、美容院代は結構な負担になりますよね。

 

学生などでしたら、夏休みと、学校に通っている時の髪型を変えたり、カラーを変えたりしたいと思うこともあります。

 

でも染めてしまたら戻すの大変だし、パーマかけたりするタイミングも難しいです。

 

また、たまにショートにしてみようかと思っても、ロングの髪を切る勇気が無かったりするし・・・

 

カットしてもらったら、自分のイメージと違ってもう戻せないなんてリスクもあります。

 

そんな時、ウィッグだったら色々なカラーを試すことができるし・・・

 

ロングの髪の毛だって、すぐにショートウッィグで変えることができます。

 

(*私が使っているおすすめウィッグ ショートはこちらでみつけられます)

 

美容院に使うお金を考えても、1回美容院に行く費用を削れれば、2つぐらいはウィッグを変えてしまいそうです。

 

そんなことを考えたら、ウイッグの方がずっとコスパは高いということになりますよね。